いゆまーる iyuma-ru
ゆいまーるの島 沖縄で獲れたイマイユ(鮮魚)を うさがみそ〜れ(味わいください)
食材としての魅力がきわだつ、沖縄の生モズク
沖縄県のモズクの全国シェアは90%以上。
そのわけは、モズク養殖の適地とされているサンゴ礁の内側の
きれいな海!モズクがスクスク育つためには、潮通しが良い
透明度の高い沖縄の海が必要だからです。
Photo モズクの酢の物
生モズクの魅力

1.収穫したての風味・食感が抜群

生モズクの最大の利点は、塩蔵加工をしていないため、モズク本来の食感、 風味が、水揚げした時と同じように残っていることです。

2.自分好みに味付け、色々な料理に使える!

現在、塩蔵加工をしない生タイプのモズク商品が数多く販売されています。その特徴は、何と言っても、そのままお味噌汁の具材や、サラダなどに使えることです。また、沖縄県庁の水産課職員の間では、麺つゆに付けて、モズクソーメンとして食べる方法が流行っているとのことですよ。

3.早摘み生モズクも登場

モズクの収穫の最盛期は、4月から6月です。
この頃になると、モズクがしっかりと育った状態、いわゆる熟した状態になります。これまでは、塩蔵加工してもモズクの藻体が傷まない熟した状態で収穫する必要がありました。最近は、産地漁協に冷凍施設が充実してきたこともあり、完熟する前にモズクを収穫する、いわゆる早摘みモズクも登場してきました。モズク生産者が、好んで食べるのも早摘みモズクだと言われており、完熟モズクと比べその柔らかい食感が好まれているとのことです。

Photo 生モズク
モズクの養殖風景
モズクの養殖は海底に網を張って行います。 収穫にはポンプを使ってホースで吸いとります。
吸い取られたもずくは、船の上で選別され、雑海藻や海 洋生物などの異物を取り除きます。
Photo モズクの養殖風景 モズクの収穫時期 モズクの収穫時期は3月〜7月頃の約5月間。4月から6月が最盛期で、沖縄本島にある主要産地、勝連、知念、恩納村などに加え、離島の伊平屋島、伊是名島、久米島、宮古島と県内各地でモズクの収穫作業が行われます。
モズクの種類
line
オキナワモズク(ホンモズク、フトモズク)
生育している海域の北限が奄美諸島、南限が八重山諸島になります。太さが約2.5mmで、長さ20〜35cmに達し、しっかりとした歯ごたえがあるのが特徴です。
現在、全国の量販店や百貨店で、味付けカップモズクや、生モズクのスタンドパック商品が多く販売されていますが、ほとんどが養殖のオキナワモズクを使用しています。
line
line
モズク(イトモズク、ホソモズク)
本州から沖縄まで広く分布していますが、沖縄でのみ養殖に成功しています。太さが約1mmで、長さ25〜50cm、まれに1mに達します。ヌメリはオキナワモズクよりも多く、繊細な食感が特徴です。モズクの中でも高級品として販売されています。
line
モズクは色々な種類に加工されています。それぞれのバリエーションでモズクを味わってみてください。
line
生モズク

生モズクとは、水揚げ後、塩蔵加工せずそのまま冷凍保管されたモズクの事です。
従来、主流であった塩蔵モズクと異なり、水揚げ時のモズクが持つ本来の風味が残っています。また、スタンドパックタイプの商品が数多く出回っており、様々な調理に開封後すぐに用いることができます。

line
line
洗いモズク

洗いモズクとは、塩蔵モズクを、丁寧に洗って塩抜きしたものです。
調理段階で塩抜きの手間がかかりませんので、スープやお好みの味付けでモズク酢にしたり、様々なメニューに用いることができます。
 
 

line
line
早摘みモズク(若モズク)

早摘みモズクは3月〜4月頃に水揚げされるモズクです。
ヌメリが多く、藻体が柔らかめなので、主に生モズクとして出荷されています。
 
 
 
 

line
line
乾燥モズク

雑海藻などの異物をモズクから取り除き、洗浄した後、熱風で乾燥して保存します。常温で保存でき、使いたいときに簡単に利用できることが最大のメリット。また、水で戻した際の歯ごたえもしっかりと残っており、お味噌汁や麻婆豆腐など、色々な料理のバリエーションが楽しめます。

line
line
塩モズク

塩モズクは保存が長期間できるため、いつでもモズクを常備しておきたい方におすすめです。しっかりと塩抜きすれば、天ぷらなど様々な料理にも用いることができます。

line
モズクの塩抜き方法 水をはったボールにモズクをいれ軽くもみ洗いしたあとザルで水を切ります(この作業を3,4回繰り返します) POINT ・ヌメリが流れ落ちてしまうので水は軽く切りましょう。 ・塩抜きの目安は、塩分がわずかにのこるぐらい。 ・塩抜き後、熱湯にサッとくぐらせると風味が増します。
モズクの名前の由来

天然のモズクはさんご礁や他の藻に付着して生育するところから
藻に付く』という意味の 『藻付く』から、『モズク』と呼ばれるようになったといわれています。
海の中でふんわりとゆらいでる様子から『水雲』、『海雲』とも表記される事もあり、俳句などでは春の季語となっています。

Photo 海中
モズクの日

今やモズクは沖縄のメイン産物。そんなモズクの産業振興の一環として消費者に旬のモズクに触れ(見て、食べる)てもらい、モズクをPRするために、4月の第3日曜日は「モズクの日」として制定されています。
各地でイベントなども開催しているため、モズクのパワーを思い出しぜひモズク料理を味わってみてください。

Photo モズク料理
ページの先頭へ